業績紹介

2019年

原著論文/症例報告

  1. Amare AT, Schubert KO, Tekola-Ayele F, Hsu YH, Sangkuhl K, Jenkins G, Whaley RM, Barman P, Batzler A, Altman RB, Arolt V, Brockmoller J, Chen CH, Domschke K, Hall-Flavin DK, Hong CJ, Illi A, Ji Y, Kampman O, Kinoshita T, Leinonen E, Liou YJ, Mushiroda T, Nonen S, Skime MK, Wang L, Kato M, Liu YL, Praphanphoj V, Stingl JC, Bobo WV, Tsai SJ, Kubo M, Klein TE, Weinshilboum RM, Biernacka JM, Baune BT ; The association of obesity and coronary artery disease genes with response to SSRIs treatment in major depression. Journal of neural transmission ; 126(1):35-45,2019
  2. Aoki Y, Kazui H, Pascal-Marqui RD, Ishii R, Yoshiyama K, Kanemoto H, Suzuki Y, Sato S, Hata M, Canuet L, Iwase M, Ikeda M. ; EEG Resting-State Networks in Dementia with Lewy Bodies Associated with Clinical Symptoms. Neuropsychobiology ; 77(4):206-218,2019
  3. Aoki Y, Kazui H, Pascual-Marqui RD, Ishii R, Yoshiyama K, Kanemoto H, Suzuki Y, Sato S, Azuma S, Suehiro T, Matsumoto T, Hata M, Canuet L, Iwase M, Ikeda M. ; EEG Resting-State Networks Responsible for Gait Disturbance Features in Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus. Clinical EEG and neuroscience ; 50(3):210-218,2019
  4. Funada D, Matsumoto T, Tanibuchi Y, Kawasoe Y, Sakakibara S, Naruse N, Ikeda S, Sunami T, Muto T, Cho T. ; Changes of clinical symptoms in patients with new psychoactive substance(NPS)-related disorders from fiscal year 2012 to 2014: A study in hospitals specializing in the treatment of addiction. Neuropsychopharmacology Reports ; 39(2):119-129,2019
  5. Gerrits B, Vollebregt MA, Olbrich S, van Dijk H, Palmer D, Gordon E,Pascual-Marqui R, Kessels RPC, Arns M. ; Probing the "Default Network Interference Hypothesis" With EEG: An RDoC Approach Focused on Attention. Clinical EEG and neuroscience ; 50(6):404-412,2019
  6. Hata M, Hayashi N, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui RD, Aoki Y, Ikeda S, Sakamoto T, Iwata M, Kimura K, Iwase M, Ikeda M, Ito T ; Short-term meditation modulates EEG activity in subjects with post-traumatic residual disabilities. Clinical neurophysiology practice ; 4:30-36,2019
  7. Ikeda S, Ishii R, Pascual-Marqui RD, Canuet L, Yoshimura M, Nishida K, Kitaura Y, Katsura K, Kinoshita T. ; Automated Source Estimation of Scalp EEG Epileptic Activity Using eLORETA Kurtosis Analysis. Neuropsychobiology ; 77 (2):101-109,2019
  8. Kinoshita T. ; Electroencephalography in Neuropsychiatric Disorders: Microstates, LORETA, and Mismatch Negativity - Homage to Dietrich Lehmann. Neuropsychobiology ; 77 (4):164,2019
  9. Matsui K, Tokumasu T, Takekita Y, Inada K, Kanazawa T, Kishimoto T, Takasu S, Tani H, Tarutani S, Hashimoto N, Yamada H, Yamanouchi Y, Takeuchi H ; Switching to antipsychotic monotherapy vs. staying on antipsychotic polypharmacy in schizophrenia: A systematic review and meta-analysis. Schizophrenia research ; 209:50-57,2019
  10. Nishida K, Koshikawa Y, Morishima Y, Yoshimura M, Katsura K, Ueda S, Ikeda S, Ishii R, Pascual-Marqui R, Kinoshita T ; Pre-stimulus Brain Activity Is Associated With State-Anxiety Changes During Single-Session Transcranial Direct Current Stimulation. Frontiers in human neuroscienc e ; 13:Article:266,2019
  11. Oya K, Sakuma K, Esumi S, Hashimoto Y, Hatano M, Matsuda Y, Matsui Y, Miyake N, Nomura I, Okuya M, Iwata N, Kato M, Hashimoto R, Mishima K, Watanabe N, Kishi T. ; Efficacy and safety of lithium and lamotrigine for the maintenance treatment of clinically stable patients with bipolar disorder: A systematic review and meta-analysis of double-blind, randomized, placebo-controlled trials with an enrichment design. Neuropsychopharmacology reports ; 39 (3):241-246,2019
  12. Sunada N, Takekita Y, Nonen S, Wakeno M, Koshikawa Y, Ogata H, Kinoshita T, Kato M ; Brain Volume-Related Polymorphisms of the Glycogen Synthase Kinase-3 β Gene and Their Effect on Antidepressant Treatment in Major Depressive Disorder. Neuropsychobiology ; 78(3):136- 144,2019
  13. Yoshimura M, Pascual-Marqui RD, Nishida K, Kitaura Y, Mii H, Saito Y, Ikeda S, Katsura K, Ueda S, Minami S, Isotani T, Kinoshita T. ; Hyperactivation of the Frontal Control Network Revealed by Symptom Provocation in Obsessive- Compulsive Disorder Using EEG Microstate and sLORETA Analyses. Neuropsychobiology ; 77(4):176-185,2019
  14. 舩槻紀也, 嶽北佳輝, 西田圭一郎, 吉村匡史, 加藤正樹 , 南 芙美子, 木下利彦 ; うつ病性昏迷を呈した高齢女性において非けいれん性てんかん発作の合併が疑われた一例. 大阪てんかん研究会雑誌 ; 30(1):1-4,2019
  15. 齊藤幸子 ; 30 年にわたる強迫症状をもった症例について . 精神分析研究 ; 63(3):393-398,2019
  16. 山本敦子, 橋本健志 , 森本優香 , 加藤正樹 , 木下利彦 , 四本かやの ; 社交不安症状のある統合失調症患者に対する作業療法の効果 . 作業療法 ; 38(2):213-221,2019

ページTOPへ戻る

総説・解説・その他

  1. Ishii R, Nishida K, Youssef NA, Jann K, Takahashi S ; Editorial: Neuromodulation in Basic, Translational and Clinical Research in Psychiatry. Frontiers in human neuroscience ; 13:438,2019
  2. 舩槻紀也 , 嶽北佳輝 , 加藤正樹 ; 【精神科診療マニュアル】 統合失調症と関連疾患 薬物療法 . 精神科 ; 35 (Suppl.1):65-70,2019
  3. 池田俊一郎, 西田圭一郎, 吉村匡史, 北浦祐一, 木下利彦 ; 【臨床神経生理学が精神疾患の治療において果たす役割 - update-】 精神疾患におけるマイクロステート解析の有用性. 臨床神経生理学 ; 47(3):163-167,2019
  4. 越川陽介 ; マインドフルネスと未病 日本におけるマインドフルネスの広がり. 日本未病システム学会雑誌 ; 25(2):60-64,2019
  5. 内藤みなみ, 嶽北佳輝 ; 統合失調症型パーソナリティ障害と薬物療法 . 精神科 ; 35(2):191-197,2019
  6. 西田圭一郎 , 吉村匡史 , 山根倫也, 加藤正樹, 木下利彦 ; 【臨床神経生理学が精神疾患の治療において果たす役割 -update-】 精神疾患における脳波を用いた治療予測 うつ病を中心に . 臨床神経生理学 ; 47(3):168-173,2019
  7. 西田圭一郎 ; 【ニューロモデュレーション治療の可能性】 うつ病に対する t DCS の臨床上の有用性 in 2019. 精神科 ; 34 (6):567-572,2019
  8. 丹羽幸司, 織田裕行, 石井 慧, 康 純, 諸富公昭, 磯貝典孝 ; 性同一性障害患者の受入について ―MTF(Male to Female)特性に基づく医療側の対応―. 近畿大学医学雑誌 ; 44(1 ・ 2):9-15,2019
  9. 松田達也 , 加藤正樹 ; 【さまざまな疾患における薬物療法の立ち位置】 うつ病治療における併用療法と増強療法. 臨床精神薬理 ; 22(7):659-664,2019
  10. 織田裕行 ; シンポジウム トランスジェンダーの理解と支援― 「あるべきようにいきる」 ためのつながり― 「誰も」 と掲げるなら. 自殺予防と危機介入 ; 39(1):78-84,2019
  11. 睫邏犹, 嶽北佳輝, 木下利彦 ; 最新薬物療法 レキサルティ(REXULTI)Brexpiprazole. 最新精神医学 ; 24(3):223-228,2019
  12. 高野 隼 ; 【スポーツがもつ可能性- 作業療法への期待】(第 4 章)精神障害とスポーツ 認知機能改善療法とスポーツ. 作業療法ジャーナル ; 53(8):868-874,2019
  13. 嶽北佳輝, 青木宣篤 ; 【電気けいれん療法(ECT)の発展: 現状と今後の方向性】 電気けいれん療法の技法的発展. 最新精神医学 ; 24(3):169-175,2019
  14. 嶽北佳輝 ; 抗精神病薬の治療反応性予測―治療抵抗性統合失調症に対するクロザピンの有効性予測を中心に―. 精神科臨床 Legato ; 5(3):152-155,2019
  15. 嶽北佳輝 ; 【電気けいれん療法の実践―有効性と安全性の追求―】 けいれん発作とECT 麻酔手技. 総合病院精神医学 ; 31(1):14-21,2019
  16. 嶽北佳輝 ; 【内科医に求められる他科の知識 - 専門家が伝えるDo/Don't】(第 9 章)精神神経科 統合失調症 . 内科 ; 124(3):1995-1996,2019
  17. 柳田知世, 緒方治彦 , 加藤正樹 ; 【内科疾患とうつ病 up-to- date】身体疾患に伴ううつ病に対する薬物療法. 精神科治療学 ; 34(7):727-733,2019
  18. 山田妃沙子 ; トランスジェンダーの理解と支援 ― 「あるべきようにいきる」ためのつながり― トランスジェンダーの「生きづらさ」 −ケース・ マネージメントによる支援− . 自殺予防と危機介入 ; 7 39(1):85-90,2019
  19. 吉村匡史 ; [巻頭言] 認知症施策推進大綱と総合病院精神科. 総合病院精神医学 ; 31(4):385,2019

ページTOPへ戻る

著書

  1. 加藤正樹 ; 診療科別仕事図鑑 精神科. 週刊朝日 MOOK「医者と医学部がわかる 2020」 ; 29 朝日新聞出版 ,2019
  2. 加藤正樹 ; ベンラファキシン. こころの治療薬ハンドブック第 12 版(井上猛 [ほか] 編) ; 94-95 星和書店,2019
  3. 織田裕行 [ほか](大東市自殺対策計画策定委員会) ; 「こころの健康に関する住民意識調査」 結果報告書 ; 大東市保健医療部地域保健課 , 2019
  4. 織田裕行 [ ほか](大東市自殺対策計画策定委員会) ; 大東市自殺対策計画(2019 年度〜2028 年度) ; 大東市保健医療部地域保健課 , 2019
  5. 西田圭一郎[ほか](臨床神経生理学会 脳刺激法に関する小委員会);磁気刺激法の安全性に関するガイドライン(2019年版) ; 臨床神経生理学 ; 47(2):126-130 一般社団法人日本臨床神経生理学会,2019
  6. 西田圭一郎, 諏訪梓;第15章レジリエンス・エンジニアリングの視点からみた精神科医療現場における「やりがい」と「げんかい」 ; レジリエント・ヘルスケア入門
    擾乱と制約下で柔軟に対応する力 ; 177-191 医学書院,2019

ページTOPへ戻る

2018年

原著論文/症例報告

  1. Amare AT, Schubert KO, Tekola-Ayele F, Hsu YH, Sangkuhl K, Jenkins G, Whaley RM, Barman P, Batzler A, Altman RB, Arolt V, Brockmöller J, Chen CH, Domschke K, Hall-Flavin DK, Hong CJ, Illi A, Ji Y, Kampman O, Kinoshita T, Leinonen E, Liou YJ, Mushiroda T, Nonen S, Skime MK, Wang L, Kato M, Liu YL, Praphanphoj V, Stingl JC, Bobo WV, Tsai SJ, Kubo M, Klein TE, Weinshilboum RM, Biernacka JM, Baune BT ; Association of the Polygenic Scores for Personality Traits and Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors in Patients with Major Depressive Disorder. Frontiers in psychiatry ; 9:Article No.65,2018
  2. Aoki Y, Kazui H, Pascual-Marqui RD, Ishii R, Yoshiyama K, Kanemoto H, Suzuki Y, Sato S, Azuma S, Suehiro T, Matsumoto T, Hata M, Canuet L, Iwase M, Ikeda M ; EEG Resting-State Networks Responsible for Gait Disturbance Features in Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus. Clinical EEG and neuroscience ; Nov 11.[Epub ahead of print],2018
  3. Hata M, Kurimoto R, Kazui H, Ishii R, Canuet L, Aoki Y, Ikeda S, Azuma S, Suehiro T, Sato S, Suzuki Y, Kanemoto H, Yoshiyama K, Iwase M, Ikeda M ; Alpha event-related synchronization after eye closing differs in Alzheimer's disease and dementia with Lewy bodies: a magnetoencephalography study. Psychogeriatrics ; 18(3):202-208,2018
  4. Horinouchi T, Nishida K, Nakagami Y, Nakamura I, Aoki N, Tanaka M, Suzuki M, Kuga H, Takeda M, Bhugra D, Sartorius N ; Learning About the Management of Physical Illness During the Postgraduate Training to Become a Good Psychiatrist. Academic Psychiatry ; 42(1):173-175,2018
  5. Ishii R, Pascual-Marqui RD, Canuet L, Xiang J, Gaetz WC ; Editorial: New Insights on Basic and Clinical Aspects of EEG and MEG Connectome. Frontiers in human neuroscience ; 12:Article No.232,2018
  6. Kageyama Y, Kasahara T, Kato M, Sakai S, Deguchi Y, Tani M, Kuroda K, Hattori K, Yoshida S, Goto Y, Kinoshita T, Inoue K, Kato T ; The relationship between circulating mitochondrial DNA and inflammatory cytokines in patients with major depression. Journal of affective disorders ; 233:15-20,2018
  7. Kawanishi C, Ishii T, Yonemoto N, Yamada M, Tachikawa H, Kishimoto T, Tsujii N, Hashimoto S, Kinoshita T, Mimura M, Okubo Y, Otsuka K, Yoshimura R ; Protocol for a prospective multicentre registry cohort study on suicide attempters given the assertive case management intervention after admission to an emergency department in Japan: post-ACTION-J Study(PACS). BMJ open ; 8(9):e020517,2018
  8. Kusumi I, Arai Y, Okubo R, Honda M, Matsuda Y, Matsuda Y, Tochigi A, Takekita Y, Yamanaka H, Uemura K, Ito K, Tsuchiya K, Yamada J, Yoshimura B, Mitsui N, Matsubara S, Segawa T, Nishi N, Sugawara Y, Kako Y, Shinkawa I, Shinohara K, et al. Predictive factors for hyperglycaemic progression in patients with schizophrenia or bipolar disorder. BJPsych open ; 4(6):454-460,2018
  9. Mushiroda T, Takahashi Y, Onuma T, Yamamoto Y, Kamei T, Hoshida T, Takeuchi K, Otsuka K, Okazaki M, Watanabe M, Kanemoto K, Oshima T, Watanabe A, Minami S, Saito K, Tanii H, Shimo Y, Hara M, Saitoh S, Kinoshita T, Kato M, Yamada N, et al. Association of HLA-A*31:01 Screening With the Incidence of Carbamazepine-Induced Cutaneous Adverse Reactions in a Japanese Population. JAMA neurology ; 75(7):842-849,2018
  10. Nishida K, Toyomaki A, Koshikawa Y, Niimura H, Morimoto T, Tani M, Inada K, Ninomiya T, Hori H, Manabe J, Katsuki A, Kubo T, Shirahama M, Kohno K, Kinoshita T, Kusumi I, Iwanami A, Ueno T, Kishimoto T, Terao T, Nakagome K, Sumiyoshi T ; Social cognition and metacognition contribute to accuracy for self-evaluation of real-world functioning in patients with schizophrenia. Schizophrenia research ; 202:426-428,2018
  11. Saito Y, Kubicki M, Koerte I, Otsuka T, Rathi Y, Pasternak O, Bouix S, Eckbo R, Kikinis Z, von Hohenberg CC, Roppongi T, Del Re E, Asami T, Lee SH, Karmacharya S, Mesholam-Gately RI, Seidman LJ, Levitt J, McCarley RW, Shenton ME, Niznikiewicz MA ; Impaired white matter connectivity between regions containing mirror neurons, and relationship to negative symptoms and social cognition, in patients with first-episode schizophrenia. Brain imaging and behavior ; 12(1):229-237,2018
  12. Yoshimura M, Pascual-Marqui RD, Nishida K, Kitaura Y, Mii H, Saito Y, Ikeda S, Katsura K, Ueda S, Minami S, Isotani T, Kinoshita T ; Hyperactivation of the Frontal Control Network Revealed by Symptom Provocation in Obsessive-Compulsive Disorder Using EEG Microstate and sLORETA Analyses. Neuropsychobiology ; Sep 24[Epub ahead of print],2018
  13. 村尾浩平, 青木宣篤, 嶽北佳輝, 久保古寿江, 阪本幸世, 新宮 興 ; けいれん誘発に難渋しレミフェンタニルを併用した電気けいれん療法(ECT)の1症例.日本臨床麻酔学会誌 ; 38(7):753-759,2018
  14. 北元 健, 吉村匡史, 和田大樹, 早川航一, 齊藤福樹, 中森 靖, 木下利彦 ; 救急医療における脳波検査の有用性について.総合病院精神医学 ; 30(3):242-249,2018
  15. 北元 健, 上條吉人, 嶽北佳輝, 太田敏男 ; ベンゾジアゼピン受容体作動薬の過量服薬後に不穏を呈した1症例.臨床精神薬理 ; 21(6):821-823,2018
  16. 齊藤幸子 ; 強迫症状が消失し自発性が芽生えるまでの経過について.精神分析的精神医学 ; 10:38-46,2018

ページTOPへ戻る

総説・解説・その他

  1. 藤野陽生, 住吉チカ, 安田由華, 山森英長, 藤本美智子, 福永雅喜, 三浦健一郎, 竹林佑人, 岡田直大, 磯村周一, 河野直子, 豊巻敦人, 久我弘典, 磯部昌憲, 大矢一登, 岡久祐子, 高木 学, 橋本直樹, 加藤正樹, 鬼塚俊明, 上野雄文, 大沼 徹, 笠井清登, 尾崎紀夫, 住吉 太幹, 井村 修, 橋本亮太, COCORO ; 精神医学のフロンティア 統合失調症患者における認知機能障害の推定 多施設共同研究.精神神経学雑誌 ; 120(4):255-261,2018
  2. 加藤正樹 ; 【治療抵抗性抑うつに対し外来診療でできること】 治療抵抗性抑うつに対し外来診療でできる薬物療法.精神神経学雑誌 ; 120(5):391-400,2018
  3. 加藤正樹 ; 合理的な薬剤選択方法はどうあるべきか? 精神科におけるPrecision Medicineを展望する.臨床精神薬理 ; 21(2):143-153,2018
  4. 加藤正樹 ; 【新規抗精神病薬ブレクスピプラゾール(レキサルティ)の基礎と臨床】ブレクスピプラゾールの臨床―気分障害:うつ病を中心に.精神科 ; 33(6):552-560,2018
  5. 馬場 元, 近藤 毅, 加藤正樹 ; うつ病の治療終結 再燃・再発予防に向けた寛解後の治療のあり方(座談会).Depression Journal ; 6(3):68-79,2018
  6. 西田圭一郎, 木下利彦 ; 【多様化するうつ病治療の選択肢と薬物療法の位置付け】 うつ病におけるtDCS(経頭蓋直流電気刺激)の可能性.臨床精神薬理 ; 21(7):941-946,2018
  7. 西田圭一郎,森島陽介 ; tDCS(経頭蓋直流電気刺激)によるうつ病治療の可能性.臨床精神医学 ; 47(8):915-918,2018
  8. 織田裕行 ; 特集:男性更年期障害(LOH症候群)2.LOH症候群とうつ症状.日本医事新報 ;(4917):35-40,2018
  9. 緒方治彦,加藤正樹 ; 【特集 強迫の臨床と治療】 強迫性障害に対する薬物療法 ―子どもから成人にかけての治療と今後の可能性―.精神科 ; 32(6):532-538,2018
  10. 田近亜蘭,堀 輝,伊賀淳一,加藤正樹 ; 統合失調症治療ガイドラインの使い方(第2回)日常診療における統合失調症治療ガイドラインの使い方(再発・再燃時).臨床精神薬理 ; 21(6):825-830,2018
  11. 高野 隼, 四本かやの ; 【元気になるデイケアII:魅力的なプログラムをどう作るか】(第5章)様々なオリジナルプログラムの作り方 集団を楽しむプログラム メンバーの主体性に着目したプログラム 「グループ活動」の取り組み.精神科臨床サービス ; 18(2):155-159,2018
  12. 嶽北佳輝 ; 【海外と比較したわが国の医療の特徴】 海外と比較した日本のclozapine使用.精神科 ; 32(4):362-369,2018
  13. 嶽北佳輝 ; 【精神科臨床144のQ&A】第1章 統合失調症 Q7.初発の統合失調症の患者さんに対し、どのような点に注意をして、どのような抗精神病薬を選択すれば良いのでしょうか?精神科治療学 ; 33(増刊):26-27,2018
  14. 嶽北佳輝 ; 電気けいれん療法における麻酔手法〜麻酔薬が発作に与える影響を中心に〜.日本生物学的精神医学会誌 ; 29(4):151-156,2018
  15. 吉村匡史 ; 身体疾患で入院する認知症患者さんへの対応〜明日は我が身か、認知症〜 身体疾患で入院する患者さんにおける認知症の診断 せん妄も含めて.日本病院会雑誌 ; 65(2):124-131,2018
  16. 吉村匡史,足立浩祥,榎戸正則,白波瀬丈一郎,貞廣良一,谷向 仁 ; 【せん妄をめぐる最近の動向】 せん妄と鑑別迷う病態.精神医学 ; 60(3):273-283,2018
  17. 吉村匡史, 西田圭一郎, 北浦祐一, 桂 功士, 池田俊一郎, 木下利彦 ; 医薬品臨床開発と薬物脳波学.Obe-lisk オベリスク ; 23(2):25-30,2018

ページTOPへ戻る

著書

  1. 池田俊一郎,木下利彦 ; 啓栖喫務届 E内科関連の神経疾患 9心身症.神経疾患最新の治療 2018-2020(水澤英洋, 山口修平, 園生雅弘編) ; 319-321 南江堂,2018
  2. 加藤正樹 ; 騎依茲離イドライン診療―診断・管理・治療― 精神・心身医学疾患 44.うつ病.ガイドライン外来診療 : 今日の診療のために2018[第18版](泉孝英 編集主幹) ; 364-372 日経メディカル開発,2018
  3. 加藤正樹 ; 第4章 治療(総論)治療薬剤 1.抗うつ薬.最新医学 別冊, 診断と治療のABC ; 141うつ病と双極性障害 ; 95-102 最新医学社,2018
  4. 加藤正樹 ; 【外来・病棟でよくみる精神症状対応マニュアル】(第1章)押さえておきたい向精神薬の基本 2.向精神薬の特徴と使い方 抗うつ薬.薬事 ; 60(10):22-29 じほう,2018
  5. 加藤正樹 ; 【精神科薬物療法の実践と治療哲学】第1章〈総論〉 補充療法(adjunctive strategy)は単剤治療に勝るのか―うつ病治療における考察―.臨床精神医学 ; 47(増刊):35-41 アークメディア,2018
  6. 川島啓嗣, 青木宣篤, 植野仙経, 諏訪太朗, 嶽北佳輝 ; 〈電気ショック〉の時代 : ニューロモデュレーションの系譜 ; みすず書房,2018
  7. 木元康介, 天野俊康, 内田洋介, 織田裕行, 小谷俊一, 海法康裕, 菊地栄次, 佐々木春明, 佐田政隆, 白井雅人, 白石晃司, 末富崇弘, 田井俊宏, 永井 敦, 永尾光一, 久末伸一, 古川慎哉(ED診療ガイドライン第3版作成委員) ; ED診療ガイドライン[第3版](日本性機能学会, 日本泌尿器科学会編) ; リッチヒルメディカル,2018
  8. 西田圭一郎 ; F-2.消化管出血の治療中にせん妄が出現した一例.認知症診療連携マニュアル 日本総合病院精神医学会治療指針8(日本総合病院精神医学会 認知症委員会編) ; 167-173 星和書店,2018
  9. 西田圭一郎 ; B-8.認知症者に対する接し方.認知症診療連携マニュアル 日本総合病院精神医学会治療指針8(日本総合病院精神医学会 認知症委員会編) ; 54-60 星和書店,2018
  10. 西田圭一郎, 吉村匡史 ; E-6.認知症と自動車運転.認知症診療連携マニュアル 日本総合病院精神医学会治療指針8(日本総合病院精神医学会 認知症委員会編) ; 155-160 星和書店,2018
  11. 織田裕行 ; column 23.性的指向・性自認と自殺.HOPEガイドブック 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス(日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業〈精神障害分野〉「精神疾患に起因した自殺の予防法に関する研究」研究班編) ; 240-241 へるす出版,2018
  12. 織田裕行 ; 第従 疾患とセックス・セラピー 2.疾患別のセックス・セラピー 精神疾患.セックス・セラピー入門   性機能不全のカウンセリングから治療まで(日本性科学会編) ; 407-413 金原出版,2018
  13. 山田妃沙子 ; 第4章 救急医療から地域へ 必要とされる社会資質と公的制度 性の多様性.HOPEガイドブック 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス(日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業〈精神障害分野〉「精神疾患に起因した自殺の予防法に関する研究」研究班編集) ; 237-239 へるす出版,2018
  14. 山田妃沙子 ; 第2章 自殺未遂者支援のためのケース・マネージメント インシデント対応の実際.HOPEガイドブック 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス(日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業〈精神障害分野〉「精神疾患に起因した自殺の予防法に関する研究」研究班編集) ; 90-92 へるす出版,2018
  15. 山田妃沙子, 池田俊一郎 ; column 14.依存症患者の自殺未遂に際して必要な対応.HOPEガイドブック 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス(日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業〈精神障害分野〉「精神疾患に起因した自殺の予防法に関する研究」研究班編集) ; 166-168 へるす出版,2018
  16. 吉村匡史 ; B-3.認知症を疑うポイントは? 認知症診療連携マニュアル 日本総合病院精神医学会治療指針8(日本総合病院精神医学会 認知症委員会編) ; 17-22 星和書店,2018
  17. 吉村匡史 ; C-3.治療同意の注意点. 認知症診療連携マニュアル 日本総合病院精神医学会治療指針8(日本総合病院精神医学会 認知症委員会編) ; 84-89 星和書店,2018
  18. 吉村匡史ほか ; 日本臨床神経生理学会 専門医・専門技術師試験問題・解説120(日本臨床神経生理学会編) ; 診断と治療社,2018

ページTOPへ戻る