ニューロイメージンググループ

グループリーダー:奥川 学

ニューロイメージングにおける画像技術の進歩はめざましく、非侵襲的にさまざまな脳内の情報を画像化することが可能になっています。ニューロイメージンググループではKarolinska研究所やOslo大学、Harvard大学神経画像研究所、関西医科大学放射線科学講座、関西医科大学小児科学講座、横浜市立大学医学部精神医学教室、横浜市立大学附属市民総合医療センター、München大学などのスタッフと共同で、精神疾患の診断や治療に役立つ新たな知見を目指した脳画像研究(図1: MRI拡散テンソル画像)を進めています。

ミラーニューロン(図1:赤)は研究対象の一領域であり、他個体の意図を理解する能力と関連があるニューロンです。フロイトが提唱してきた投影性同一視や転移、逆転移の考えが、ミラーニューロンの発見によって裏付けられたという報告もあり、この領域に注目することが、自然科学と人文科学をつなぐ研究に発展すればと考えています。

精神療法や薬物治療が、ミラーニューロンというソーシャルコミュニケーションに関連する脳のネットワークをどのように変化させるのか、治療前後のミラーニューロンの形態変化を観察することで確認する、世界でも初めての研究に取り組んでいます。

参加を希望される方、興味のある方は、齊藤幸子までご連絡下さい。

図1 MRI拡散テンソル画像
青:前運動野、赤:ミラーニューロンを含む神経線維、緑:下頭頂小葉

最近の主な業績・学会発表

論文

  • Yukiko Saito, Marek Kubicki, Inga Koerte, Tatsui Otsuka, Yogesh Rathi,
    Ofer Pasternak, Sylvain Bouix, Ryan Eckbo, Zora Kikinis, Christian Clemm von Hohenberg, Tomohide Roppongi, Elisabetta Del Re, Takeshi Asami, Sang-Hyuk Lee, Sarina Karmacharya, Raquelle I. Mesholam-Gately, Larry J. Seidman, James Levitt, Robert W. McCarley, Martha E. Shenton, Margaret A. Niznikiewicz; Impaired White Matter Connectivity Between Regions Containing Mirror Neurons, and Relationship to Negative Symptoms and Social cognition, in Patients with First-Episode Schizophrenia. Brain Imaging and Behavior 2018 Feb;12(1):229-237
  • Okugawa G, Nobuhara K, Takase K, Kinoshita T, Cerebellar posterior superior vermis and cognitive cluster scores in drug-naive patients with first-episode schizophrenia. Neuropsychobiology 2008. 56(4):216-219.
  • Sugimoto T, Tanigawa N, Ikeda K, Ohmura N, Maehara M, Kariya S, Kojima H, Komemushi A, Ha-Kawa SK, Saito Y, Tajika A, Kinoshita T, Sawada S. Diffusion-weighted imaging for predicting new compression fractures following percutaneous vertebroplasty. Acta radiologica 2008. 49(4):419-426.
  • Saito Y, Nobuhara K, Okugawa G, Takase K, Sugimoto T, Horiuchi M, Ueno C, Maehara M, Omura N, Kurokawa H, Ikeda K, Tanigawa N, Sawada S, Kinoshita T. Corpus callosum in patients with obsessive-compulsive disorder: diffusion-tensor imaging study. Radiology 2008. 246(2):536-542.

学会発表

  • 睫邯膸, 齊藤幸子, 高瀬勝教, 黒川弘晶, 谷川昇, 木下利彦; 自閉症スペクトラム指数とミラーニューロン. 第112回日本精神神経学会学術総会; 幕張, 2016
  • 齊藤幸子, 睫邯膸, 高瀬勝教, 黒川弘晶, 谷川昇, 木下利彦; ミラーニューロンの形態変化:拡散テンソル画像解析による統合失調症の社会機能評価. 第45回日本神経精神薬理学会第37回日本生物学的精神医学会合同年会; 東京, 2015
  • Saito Y, Kubicki M, Otsuka T, Asami T, Rathi Y, Pasternak O, Eckbo R, Kikinis Z, Clemm C, Koerte IK, Roppongi T, Kinoshita T, Shenton M; Motor related white matter abnormalities in patients with first-episode schizophrenia. 11th World Congress of Biological Psychiatry; Osaka, 2013
  • 齊藤幸子, 大塚達以, 木下利彦, Shenton Martha;ミラーニューロンと共感.第13回日本サイコセラピー学会
    2012.3(大阪)
  • Saito Y, Kubicki M, Otsuka T, Rathi Y, Pasternak O, Eckbo R, Kikinis Z, Clemm C, Roppongi T, Koerte I, Kinoshita T, Shenton M; Mirror neuron abnormalities in Patients with First-Episode
    Schizophrenia.第50回米国神経放射線学学会 2012.4 (NewYork)
  • 齊藤幸子, 大塚達以, 浅見 剛, 木下利彦, Shenton Martha;拡散テンソル画像解析によるミラーニューロン
    の三次元構築の試み. 第108回日本精神神経学会学術総会 2012..5 (札幌)

ページTOPへ戻る