臨床薬理・ゲノム薬理学グループ

グループリーダー:加藤 正樹

精神科治療において、今日その中心的役割を担う薬物療法の個別化医療(プレシジョン・メディシン)を目指し研究を行っています。個別化医療とは、患者の遺伝的背景・生理的状態・疾患の状態などを考慮して、患者個々に最適な治療法を設定する医療と定義されます。

うつ病、統合失調症を対象として継続して行っている無作為化割り付け試験のデータより、比較した治療薬の有用性(効果・副作用)を検討するとともに、ある治療薬で改善した人、しなかった人、副作用が出現した人などの反応性の個人差の原因(因子)を検討します。それらの因子を投与する前に評価することで、各薬剤の反応性を予測し、個人に最適な治療法を選択可能にすることを目指しています。

探索する因子としては、遺伝子(DNA,miRNA)や、そのメチル化、治療に影響する血中蛋白などのバイオマーカー、性格、生活環境などの患者背景や中間表現型(定量脳波やMRI)を対象としています。これらのたくさんの因子が、どのように薬剤の治療反応に影響しているかを詳細に解析することで、各患者に最適な治療を導くアルゴリズムを構築していきます。DNA、miRNA、メチル化は網羅的ゲノミクス、トランスクリプトミクス、エピゲノミクス解析と候補遺因子解析にて行っております。

これまでに、すでに多くの成果を世界に発信していますが、進化する解析技術を使用し、さらなる質と精度の向上を目指し、知識とデータを蓄積し続けています。
精神科領域において、本邦には無作為化割り付け試験をゲノム薬理的な方法論を用いて継続している研究グループはほとんどなく、我々のグループが蓄積しているデータは重要であり、その特徴を活かしたさらなる研究成果を発信したいと考えております。

このような研究に関わりたい方(医師、研究者、大学院生)も随時募集しております。

イタリアのボローニャ大学生物医学・神経運動科学教室(グループリーダー;Alessandro Serretti)と研究交流があり、主要な留学先の一つとなっております。他にも主に、産業医科大学精神医学教室、理化学研究所脳科学総合研究センター、広島大学細胞分子生物学教室、兵庫医療大学薬学部医療薬学科、The International SSRI Pharmacogenomics Consortium (ISPC)等の施設と共同研究を進めています。

「臨床薬理学海外研修を終えて」(PDF)

グループの主な業績・主な講演

論文

  • Non response at week 4 as clinically useful indicator for antidepressant combination in major depressive disorder. A sequential RCT.  Journal of Psychiatric Research 2017
  • Polymorphism of rs3813034 in serotonin transporter gene SLC6A4 is associated with the SSRI/SNRI response in depressive disorder: sequencing analysis of SLC6A4  Journal of Clinical Psychopharmacology 2016
  • HTR1A Polymorphisms and Clinical Efficacy of Antipsychotic Drug Treatment in Schizophrenia: A Meta-Analysis.  Int J Neuropsychopharmacol. 2016
  • Cognitive function and risperidone long-acting injection vs. paliperidone palmitate in schizophrenia: a 6-month, open-label, randomized, pilot trial. BMC Psychiatry. 2016
  • The Comparative Effects of Risperidone Long-Acting Injection and Paliperidone Palmitate on Social Functioning in Schizophrenia: A 6-Month, Open-Label, Randomized Controlled Pilot Trial. Neuropsychobiology. 2016
  • Genetic variants in combination with early partial improvement as clinical utility predictor of treatment outcome in major depressive disorder. - The result of two pooled RCT –  Translational Psychiatry 2015
  • Antagonist and partial agonist at the dopamine D2 receptors in drug-naïve and non-drug-naïve schizophrenia: a randomized, controlled trial. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 2015
  • HTR1A Gene Polymorphisms and 5-HT1A Receptor Partial Agonist Antipsychotics Efficacy in Schizophrenia  Journal of Clinical Psychopharmacology. 2015
  • The International SSRI Pharmacogenomics Consortium (ISPC): a genome-wide association study of antidepressant treatment response. Translational Psychiatry , 2015
  • Serotonin 7 Receptor Variants Are Not Associated with Response to Second-Generation Antipsychotics in Japanese Schizophrenia Patients. Neuropsychobiology. 2015
  • 5-HTTLPR rs25531A>G differentially influence paroxetine and fluvoxamine antidepressant efficacy: A randomized-controlled trial. Journal of Clinical Psychopharmacology 2013
  • A 12-week randomized, open-label study of perospirone versus aripiprazole in the treatment of Japanese schizophrenia patients. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2012
  • Genome-wide association study of SSRI/SNRI-induced sexual dysfunction in a Japanese cohort with major depression.Psychiatry Res. 2012
  • Review and Meta-Analysis of Antidepressant Pharmacogenetic Findings in Major Depressive Disorder, Mol Psychiatry 2010
  • Effect of basic fibroblast growth factor (FGF2) gene polymorphisms on SSRIs treatment response and side effects. Eur Neuropsychopharmacol. 2009
  • Effect of 5-HT1A gene polymorphisms on antidepressant response in major depressive disorder. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet. 2009
  • The alpha 2A-adrenergic receptor gene polymorphism modifies antidepressant responses to milnacipran. Journal of Clinical Psychopharmacology 2008
  • ABCB1 (MDR1) gene polymorphisms are associated with the clinical response to paroxetine in patients with major depressive disorder. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 2008
  • Pharmacogenetic studies in depression: a proposal for methodologic guidelines. Pharmacogenomics J 2008
  • Meta-analysis of serotonin transporter gene promoter polymorphism (5-HTTLPR) association with selective serotonin reuptake inhibitor efficacy in depressed patients. Mol Psychiatry 2007
  • T. Effects of the Serotonin Type 2A, 3A and 3B Receptor and the Serotonin Transporter Genes on Paroxetine and Fluvoxamine Efficacy and Adverse Drug Reactions in Depressed Japanese Patients. Neuropsychobiology 2006
  • Controlled clinical comparison of paroxetine and fluvoxamine considering the serotonin transporter promoter polymorphism. Int Clin Psychopharmacol 2005

著書

  • 統合失調症薬物治療ガイドライン医学書院2016
  • ガイドライン外来診療 精神心身医学疾患;44うつ病日経メディカル開発,2016
  • 精神科薬物療法 グッドプラクティス 精神神経学会編 V章 抗うつ薬
  • 精神疾患のバイオマーカー;9.薬物反応性のバイオマーカー 9-1.抗うつ薬
  • 精神科薬物治療 こんなときどうするべきか 第2部 向精神薬の使い方のコツと注意点 第1章 抗精神病薬 p. 10-27 医学書院
  • 抗不安薬プラクティカルガイド 今だから知っておきたい正しい使い方;第3章 治療における抗不安薬の意義と使い方 7.女性ホルモンと不安障害. 中外医学社,2015
  • 神経・精神疾患治療マニュアル.よくみられる精神疾患; 双極性障害 日本医師会,2013
  • 気分障害の薬理・生化学―うつ病の脳内メカニズム研究 進歩と挑戦― 第6章 ゲノム、うつ病治療反応性を規定する要因・遺伝子躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会編
  • EBM精神疾患の治療[.統合失調症] 4.薬物遺伝学からみた合理的な薬物選択は?、 中外医学社 2011-2012

主な講演

  • うつ病における抗うつ薬の反応予測と使い分け-From Research to Clinical-、第107回日本精神神経学会学術総会 教育講演
  • 個別化医療における、人種、バイオマーカーと薬理遺伝−うつ病の薬理遺伝における現状と展望−日本臨床薬理学会(JSCPT)、韓国臨床薬理学会(KSCPT)、米国臨床薬理学会 (ASCPT)合同学会2011 シンポジウム
  • 精神科薬理遺伝学が発展するために何が欠けているのか?−ゲノム解析以前に解決すべき諸問題−うつ病薬理遺伝研究のための方法論的ガイドラインの提案 第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会 合同年会 シンポジウム
  • 抗うつ薬反応の予測、調整因子−うつ病の個別化医療における薬理遺伝学的アプローチ 第27回CINP シンポジウム
  • 統合失調症に対するperospironeとaripiprazoleの無作為割付比較試験 −臨床効果と忍容性を中心に
    −.DSフォーラム2011

ページTOPへ戻る