業績紹介

2001年

原著論文/症例報告

  1. Nobuhara K, Farde L, Halldin C, Karlsson P, Swahn CG,Olsson H, Bergstrom KA, Larsson SA, Schnell PO, McPherson DW, Savonen A, Hiltunen J, Sedvall G ;
    SPECT imaging of central muscarinic acetylcholine receptors with iodine-123 labelled E-IQNP and Z-IQNP.E J Nucl Med 28 (1)13-24
  2. Isotani T, Tanaka H, Lehmann D, Pascual-Marqui RD, Kochi K, Saito N, Yagyu T, Kinoshita T ,Sasada K ; Source localization of EEG activity during hypnotically induced anxiety and relaxation.Int J Psychophysiol 41 143-153
  3. Isotani T, Lehmann D, Pascual-Marqui RD, Kochi K, Wackermann J, Saito N, Yagyu T, Kinoshita T,Sasada K ; EEG source localization and global dimensional complexity in high-and low- hypnotizable subjects: A pilot study.Neuropsychobiol 44:192-198
  4. Lehmann D, Faber PL, Isotani T ,Wohlgemuth P ; Source locations of EEG frequency bands during hypnotic arm levitation: A pilot study.Contemporary Hypnosis 18:120-127
  5. Hirota T, Yagyu T ,Pascual-Marqui RD, Saito N, Kinoshita T ; Spatial Structure of Brain Electric Fields during Intermittent Photic Stimulation.Neuropsychobiology 44:108-112
  6. Yamane H, Kinoshita T ; An Interactional Model of Mental Disability(IMMD)Based on the International.Classification of Functioning and Disability(ICIDH-2)
    Asian J Occup Ther1 1-11
  7. 磯谷俊明,笹田強兵,齋藤直巳,柳生隆視,張海玲,木下利彦 ; 催眠感受性の違いにより空間的脳電位活動に差異はあるか.催眠と科学 16:30-37
  8. 永田昌弘,吉村匡史, 宮田恵美子,越智友子,木下利彦 ; 関西医科大学附属病院におけるfluvoxamineの処方動向.強迫性障害の研究2:1-6
  9. 入澤 聡,木下利彦 ; 非定型抗精神病薬の使い分け.臨床精神薬理4 :1625- 1631
  10. 杉本達哉,齋藤朱実,玉垣千春, 柳生隆視,延原健二,木下利彦 ; ゾニサミドによるアシデミアと関連すると思われる副作用を呈した1症例とゾニサミドの有効血中濃度と随伴症状の研究.大阪てんかん研究会雑誌 12 (1)19-22
  11. 福島正人,木下利彦,三家英明 ; 精神科領域における駆お血剤の使用経験 神経症圏の女性例について.日本東洋心身医学研究15(1)57-58
  12. 朴鍾蘭,斎藤直巳, 柳生隆視, 平井タカネ, 木下利彦 ; サルプリ舞踊イメージ時の精神活動と脳波変化.催眠と科学 16(1)43-48

ページTOPへ戻る

総説・解説

  1. 木下利彦,武田雅俊,越野好文,岸本年史 ; 非定型抗精神病薬による分裂病の長期間管理.Pharma Medica 19:85-95

ページTOPへ戻る

著書

  1. 木下利彦 ; 症状から診断へ 第4集9.行動異常.日本医師会雑誌125(8)50-55
  2. 織田裕行,木下利彦 ; 終末期肝癌患者のコンサルテーション.こころの臨床 ほんとうに困った症例集:精神科編 第20巻27-29 星和書店
  3. 木下利彦 ; 困難な症例から学ぶ第5回「頻回の電気ショック療法を要する緊張病状態を呈し、外来治療が困難な一例」.COMMENT Schizophrenia Frontier 2(4):55メディカルビュー
  4. 木下利彦,織田裕行 ; だるさを訴え、検査で特に異常がみつからない患者をみたら
    診断と治療増刊号89 P453一般医のための外来診療のヒント 診断と治療社
  5. R.D.Pasqual-Marqui(木下利彦,磯谷俊明,延原健二,柳生隆視,廣田卓也訳)
    Chapter4 電源推定:双極子からLORETAまで.薬物脳波学の進歩 61-70 星和書店
  6. D.Lehaman(木下利彦,磯谷俊明,延原健二,柳生隆視,入澤 聡訳)Chapter5 角周波数帯域における電位発生源局在深求の原理:FFT双極子近似法とその応用
    薬物脳波学の進歩 71-81 星和書店
  7. W.M.Hermann(木下利彦,磯谷俊明,延原健二,柳生隆視,杉山祐夫訳)Chapter8 臨床薬理試験における向精神薬の分類.薬物脳波学の進歩 111-136 星和書店

ページTOPへ戻る

2000年

原著論文/症例報告

  1. Nobuhara K, Halldin C, Hall H, et.al. ; Z-IQNP: a potential radioligand for SPECT imaging of muscarinic acetylcholine receptors in Alzheimer's disease. Psychopharmacology149 45-55
  2. Tamagaki C,Murata A, Asai S, Takase K, Gonnno K,Sakata T , Kinoshita T ; Age-related changes of cornu ammonis 1 pyramidal neurons in gerbil transient ischemia .Neuropathology20:221-227
  3. 高瀬勝教,足立靖,安水良知,土岐純子,金鉄南,岡村明治,若松正之,小柳津治樹,加戸靖,井上恭一,木下利彦,池原進 ; 肝転移で発見され,多彩な腫瘍マーカーを示した胸腺癌の1剖検例.胸部外科53(6)450-455
  4. 齋藤正己,木下利彦,渡辺昌祐 ; 選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸パロキセチンのうつ病及びうつ状態に対する長期投与試験.薬理と治療28巻Suppl.1 S211-S223
  5. 玉垣千春,村田章,齋藤朱実,木下利彦 ; 成人型異染性白質ジストロフィーの1同胞例画像所見と臨床症状について.精神神経学雑誌102(4)399-409
  6. 延原健二,廣田卓也,杉山祐夫,木下利彦 ; 精神科疾患における脳波の臨床検査法としての有用性.最新精神医学 5(3): 283-288
  7. 朝井 知 ; ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲8番―自伝的作品にみる内なるテロル―.
    日本病跡学雑誌59 99-102
  8. 沖井 裕,河本圭司,赤根 敦,橋本孫一,木下利彦,岩瀬正顕,神嵜清一郎,安井久美子,中谷壽男 ; 脳波自動解析システムによる脳死判定への応用.Neurosurgical Emergency5(1)20-24
  9. 木下利彦、織田裕行 ; 性同一性障害.junior398:9-13

ページTOPへ戻る

総説・解説

  1. 大矢 大 ; 解離性障害−その病因と病態をめぐって.プシコフィリア研究1 :25-38,
  2. 安保雅博,延原健二, Jorgen Borg,米本恭三,宮野佐年 ; スウェーデンの高齢者福祉 高福祉国スウェーデンに至る歴史的背景.Journal of Clinical Rehabilitation(臨床リハ)9(4): 408-412
  3. 安保雅博,延原健二,Jorgen Borg,米本恭三,宮野佐年 ; スウェーデンの高齢者福祉▲好ΕА璽妊鵑力型優曄璽燹Journal of Clinical Rehabilitation(臨床リハ)9(5): 510-515
  4. 安保雅博,延原健二,Jorgen Borg,米本恭三,宮野佐年 ; スウェーデンの高齢者福祉 在宅ケア.Journal of Clinical Rehabilitation(臨床リハ)9(6): 630-634
  5. 吉村匡史,木下利彦 ; 画像上多発性脳梗塞を認め,痴呆症状を伴う抑鬱状態に対しアニラセタムが著効した1症例.医薬ジャーナル36(5)1431-1433
  6. 永田正弘,木下利彦 ; 弦撹坩駄 新しい抗不安薬.Pharma Medical18(7)55-60

ページTOPへ戻る

著書

  1. 山口成良,大矢 大,飛鳥井 望,牛島定信 ; 精神障害における心因.心因性と精神科臨床精神科レビュー No.33 pp93-108 ライフ・サイエンス
  2. 磯谷俊明,木下利彦 ; 外科における精神科的問題―A.手術と精神障害. 臨床精神医学講座 S7巻 総合診療における精神医学 pp287-292, 松下正明,三好功峰 他(編)中山書店
  3. 木下利彦,齋藤直巳,釘抜利明 ; 第4章脳波解析法の理論と臨床応用8.FFT dipole approximation法.臨床脳波と脳波解析pp118-125
  4. 柳生隆視,齋藤直巳,廣田卓也,木下利彦 ; 第4章脳波解析法の理論と臨床応用9.Adaptive Microstate Segmentationと LORETA.臨床脳波と脳波解析pp126-137

ページTOPへ戻る