業績紹介

2003年

原著論文/症例報告

  1. Agartz I, Brag S, Franck J, Hammarberg A, Okugawa G, Svinhuvud K, Bergman H ; MR volumetry during acute alcohol withdrawal and abstinence: a descriptive study. Alcohol and Alcoholism 38:71-78
  2. Minami T, Nobuhara K, Okugawa G, Takase K, Yoshida T, Sawada S, Ha-Kawa S, Ikeda K, Kinoshita T ; Diffusion Tensor Magnetic Resonance Imaging of Disruption of Regional White Matter in Schizophrenia. Neuropsychobiology 47:141-145
  3. Okugawa G, Sedvall GC, Agartz I ; Smaller cerebellar vermis but not hemisphere volumes in chronic schizophrenia. The American Journal of Psychiatry 160:1614-1616
  4. Okugawa G, Takase K, Nobuhara K, Yoshida T, Minami T, Tamagaki C, Magnotta VA, Andreasen NC, Kinoshita T ; Inter- and Intraoperator reliability of brain tissue measures using magnetic resonance imaging. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience 253:301-306
  5. 延原健二,吉田常孝,河 相吉,吉村匡史,南 智久,青木良純,澤田 敏,木下利彦 ; 晩発性アルツハイマー病患者における薬物治療効果判定に関するSPECT研究. Intervision 18:57
  6. 吉村匡史,磯谷俊明,柳生隆視,吉田常孝,木下利彦 ; 【薬物脳波学の進歩】新しい脳波空間解析手法の応用 軽症アルツハイマー型痴呆の脳電位場構造とその塩酸ドネペジルによる変化. 臨床神経生理学31:5-12
  7. 分野正貴,柳生隆視,入澤 聡,谷 万喜子,木下利彦 ; 電気けいれん療法が奏効したPisa症候群を呈する分裂感情障害の一例. 精神医学 11:1215-1218
  8. 分野正貴,柳生隆視,入澤 聡,谷 万喜子,木下利彦 ; 鍼治療とmianserinが奏効した頸部ジストニアを生じたうつ病の一例. 精神科治療学 7:811-816
  9. 南 智久,延原健二,奥川 学,吉村匡史,吉田常孝,高瀬勝教,池田耕士,河 相吉,澤田 敏,木下利彦 ; 統合失調症における脳白質の拡散異方性. 脳と精神の医学 14:261-268
  10. 南 智久,延原健二,奥川 学,吉田常孝,高瀬勝教,田近亜蘭,柳生隆視,河 相吉,澤田 敏,木下利彦 ; 高齢者うつ病患者における電気けいれん療法の大脳の局所脳血流および拡散異方性に及ぼす影響について.大阪てんかん研究会雑誌14:7-14
  11. 磯谷俊明,笹田強兵,分野正貴,田近亜蘭,吉村匡史,入澤 聡,杉山祐夫,齋藤直巳,柳生隆視,木下利彦 ; 種々の催眠暗示が空間的脳電位活動に及ぼす影響.
    催眠と科学 18:49-54
  12. 吉田常孝,河 相吉,吉村匡史,南 智久,青木良純,延原健二,木下利彦,澤田 敏 ; アルツハイマー病 123I-IMP ARG法を用いた脳血流SPECTと治療効果予測の可能性 臨床放射線48(2)305-310
  13. 織田裕行,田近亜蘭,加藤正樹,磯谷俊明,木下利彦 ; 無床総合病院心療内科外来の経験から−限られた治療関係の中で薬物療法の果たす役割−.強迫性障害の研究4:39-44

ページTOPへ戻る

著書

  1. 木下利彦,織田裕行 ; 精神医学症候群供柔歐・睡眠・性・人格障害など―
    裟障害 性機能不全 性器反応不全.日本臨牀 領域別症候群シリーズ39 pp261-264
  2. 木下利彦,織田裕行 ; 精神医学症候群供柔歐・睡眠・性・人格障害など―
    裟障害 性機能不全 オルガズム障害.日本臨牀 領域別症候群シリーズ39 pp265-267
  3. 木下利彦,織田裕行 ; 精神医学症候群供柔歐・睡眠・性・人格障害など―
    裟障害 性機能不全 早漏.日本臨牀 領域別症候群シリーズ39 pp268−270
  4. 木下利彦,織田裕行 ; 精神医学症候群供柔歐・睡眠・性・人格障害など―
    裟障害 性機能不全 物質誘発性性機能不全.日本臨牀 領域別症候群シリーズ39 pp280−282
  5. 延原健二 ; 精神障害および心身症の病態と治療. 統合失調症(概説)
    一般医・研修医のためのメンタルケア.ドラッグガイド 2004-05 pp148-149, 2003メディカルドゥ 東京
  6. 延原健二 ; 精神障害および心身症の病態と治療. 統合失調症(慢性期)
    一般医・研修医のためのメンタルケア.ドラッグガイド 2004-05 pp152-153, 2003メディカルドゥ 東京
  7. 延原健二 ; 精神障害および心身症の病態と治療. 統合失調症(幻覚妄想状態)
    一般医・研修医のためのメンタルケア.ドラッグガイド 2004-05 pp154-155, 2003メディカルドゥ 東京
  8. 織田裕行,田近亜蘭,加藤正樹,磯谷俊明,木下利彦 ; 無床総合病院心療内科外来の経験から−限られた治療関係のなかで薬物療法の果たす役割−. 強迫性障害の研究4 pp39-44, 2003 星和書店 東京

ページTOPへ戻る

2002年

原著論文/症例報告

  1. Isotani T, Kinoshita T, Lehmann D, Pascual- Marqui RD, Wackermann J ; Spatial configuration of brain electric activity during positive, neutral and negative emotions. Methods Find Exp Clin Pharmacol 24 (Suppl. D):109-110
  2. Okugawa G, Sedvall G, Nordstrom M, Andreasen NC, Pierson R, Magnotta V, Agartz I ; Selective reduction of the posterior superior vermis in men with chronic schizophrenia. Schizophrenia Research 55:61-67
  3. Okugawa G, Yagi A, Kusaka H, Kinoshita T ; Paroxetine for Treatment of Somatization Disorder. Journal of Neuropsychiatry and Clincal Neuroscience 14:464-46
  4. Okugawa G, Sedvall GC, Agartz I ; Reduced grey and white matter volumes in the temporal lobe of male patients with chronic schizophrenia. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience 252:120-123
  5. Irisawa S, Isotani T, Kinoshita T ; Spatial EEG Structure in Schizophrenia.
    Methods Find Exp Clin Pharmacol 24 (Suppl. D):111-112
  6. Park JR, Yagyu T, Saito N, Kinoshita T, Hirai T ; Dynamics of brain electric field during recall of salpuri dance performance. Perceptual and Motor skills95:955-962.
  7. Yoshimura M, Isotani T, Tamagaki C, Yoshida T, Sugiyama M, Sugimoto T, Yagyu T, Nagata M, KinoshitaT ; Global field power and low resolution electromagnetic tomography solutions in Alzheimer's disease. International Congress Series 1232:751-755
  8. 吉村匡史,張 海玲,吉田常孝,磯谷俊明,延原健二,玉垣千春,入澤 聡,杉本達哉,柳生隆視,木下利彦 ; 軽症アルツハイマー病の脳電場構造とその塩酸ドネペジルによる変化.日本薬物脳波学会雑誌4:8‐11
  9. 磯谷俊明,吉田常孝,吉村匡史,入澤 聡,杉山祐夫,南 智久,廣田卓也,齋藤直巳,延原健二,柳生隆視,木下利彦 ; Acetazolamide静脈内投与による脳波変化 ―脳血流増加と各周波数帯域の空間的脳波活動との関係―(a pilot study).日本薬物脳波学雑誌4:84‐87
  10. 吉村匡史,柳生隆視,延原健二,入澤 聡,吉田常孝,南 智久,中平暁子,鈴木美佐,磯谷俊明,木下利彦 ; アルツハイマー病の脳電場動態解析による検討.臨床脳波44:707-710
  11. 磯谷俊明,吉村匡史,入澤聡,杉山祐夫,廣田卓也,木下利彦 ; 陽性・陰性感情と脳電位活動発生源.臨床神経生理学30:102‐108
  12. 磯谷俊明,笹田強兵,杉本達哉,南智久,越智友子,織田裕行,高瀬勝教,木下利彦 ; 種々の催眠暗示による自律神経機能の変化-心電図R-R間隔変動係数を指標として-.催眠と科学17:23-27
  13. 入澤 聡, 吉村匡史, 磯谷俊明,斎藤直巳,柳生隆視,木下利彦 ; 未服薬精神分裂病者の脳電位場構造について,日本薬物脳波学会雑誌4 :81-83
  14. 越智友子,織田裕行,柳生隆視,延原健二,木下利彦 ; 誤調剤で発症した急性 phenytoin中毒の臨床経過.大阪てんかん研究会雑誌13:1-7
  15. 入澤聡,柳生隆視,木下利彦 ; 洞察に乏しい強迫症状に対してfluvoxamine+risperidone治療が奏効した1例.強迫性障害の研究3:75-80
  16. 吉田常孝,河相吉,吉村匡史,南 智久,木下利彦, 澤田敏 ; 99mTc-ECD SPECTを用いたうつ病の脳血流評価.日本画像医学雑誌21(2 ):61-66
  17. 齊藤幸子,安保肇子,有木永子,吉田常孝,田近亜蘭,柳生隆視,木下利彦 ; 中年期発症確認強迫男性の治療経過について.強迫性障害の研究3:109-113
  18. 木下利彦,砂原千穂,福島正人,田近亜蘭 ; 大学病院における精神科リハビリテーションの役割.精神神経学雑誌104(3)201-209

ページTOPへ戻る

総説・解説

  1. 磯谷俊明,木下利彦 ; 神経症候群―てんかん症候群―此テ本臨牀379-384
  2. 高瀬勝教,木下利彦 ; パニック障害治療のストラテジー.処方薬剤の副作用発現時の対策 ; 94-99
  3. 松本一生,木下利彦 ; 超高齢者の精神疾患の特徴.老年精神医学雑誌13(8):921-925

ページTOPへ戻る