業績紹介

2017年

原著論文/症例報告

  1. Fujino H, Sumiyoshi C, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Fukunaga M, Miura K, Takebayashi Y, Okada N, Isomura S, Kawano N, Toyomaki A, Kuga H, Isobe M, Oya K, Okahisa Y, Takaki M, Hashimoto N, Kato M, Onitsuka T, Ueno T, Ohnuma T, Kasai K, Ozaki N, Sumiyoshi T, Imura O, Hashimoto R; for COCORO ; Estimated cognitive decline in patients with schizophrenia: a multi-center study. Psychiatry and clinical neurosciences ; 71(5):294-300,2017
  2. Hata M, Tanaka T, Kazui H, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui RD, Aoki Y, Ikeda S, Sato S, Suzuki Y, Kanemoto H, Yoshiyama K, Iwase M ; Cerebrospinal Fluid Biomarkers of Alzheimer's Disease Correlate With Electroencephalography Parameters Assessed by Exact Low-Resolution Electromagnetic Tomography (eLORETA). Clinical EEG and neuroscience ; 48(5):338-347,2017
  3. Ikeda S, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui RD ; Source estimation of epileptic activity using eLORETA kurtosis analysis. BMJ case reports ; Nov 16.[Epub ahead of print],2017
  4. Kageyama Y, Kasahara T, Kato M, Sakai S, Deguchi Y, Tani M, Kuroda K, Hattori K, Yoshida S, Goto Y, Kinoshita T, Inoue K, Kato T ; The relationship between circulating mitochondrial DNA and inflammatory cytokines in patients with major depression. Journal of affective disorders ; Jun 6.[Epub ahead of print],2017
  5. Kato M, Takekita Y, Koshikawa Y, Sakai S, Bandou H, Nishida K, Sunada N, Onohara A, Hatashita Y, Serretti A, Kinoshita T ; Non response at week 4 as clinically useful indicator for antidepressant combination in major depressive disorder. A sequential RCT. Journal of psychiatric research ; 89:97-104,2017
  6. Oda H, Kinoshita T ; Efficacy of hormonal and mental treatments with MMPI in FtM individuals: cross-sectional and longitudinal studies. BMC psychiatry ; 17(1):256,2017
  7. Yuichi Kitaura, Keiichiro Nishida, Masafumi Yoshimura, Hiroshi Mii, Koji Katsura, Satsuki Ueda, Shunichiro Ikeda, Roberto D Pascual-Marqui, Ryouhei Ishii, Toshihiko Kinoshita; Functional localization and effective connectivity of cortical theta and alpha oscillatory activity during an attention task. Clinical Neurophysiology Practice; 2:193-200,2017
  8. 館農 勝, 加藤 隆弘, 青山 久美, 中野 和歌子, 中前 貴, 内田 直樹, 橋本 直樹, 菊地 紗耶, 和気 洋介, 藤澤 大介, 猪狩 圭介, 大塚 耕太郎, 高橋 克昌, 奥川 学, 渡辺 範雄, 白坂 知彦, Jovanovic Nikolina, Beezhold Julian ; 精神科研修医における燃え尽き症候群についての国際共同研究(BoSS International) 日本国内調査(BoSS Japan)の結果から.精神神経学雑誌 ; 119(2):83-97,2017
  9. 北元 健, 中森 靖, 早川 航一, 齊藤 福樹, 木下 利彦 ; ベンゾジアゼピン系薬剤が奏効した悪性緊張病2例.精神科治療学 ; 32(7):969-975,2017

ページTOPへ戻る

総説・解説・その他

  1. Shunichiro Ikeda, Yasushi Nakamori, Leonides Canuet, Ryouhei Ishii, Takeshi Kitamoto, Daiki Wada, Masatoshi Kyo, Tatsuya Matsuda, Toshihiko Kinoshita; Emerging Risks of New Types of Drug Addiction in Japan. Mental Health in Family Medicine; 13(3):480-485,2017
  2. 青木 宣篤, 西田 圭一郎, 長野 洋祐, 桂 功士, 池田 俊一郎, 嶽北 佳輝, 吉村 匡史, 木下 利彦 ; 長期間にわたって統合失調感情障害と診断されていたてんかん性精神病の一例.大阪てんかん研究会雑誌 ; 28(1):29-36,2017
  3. 青木 宣篤, 嶽北 佳輝, 木下 利彦 ; 最新薬物療法 ペランパネル(フィコンパ). 最新精神医学 ; 22(2):143-151,2017
  4. 加藤正樹 ; 抗うつ薬の反応性と治療の最適化―治療アルゴリズム.Depression Strategy ; 7(3):12-15,2017
  5. 加藤 正樹 ; 【精神科薬物療法の基本思想:適切な処方のための原則と工夫】 気分調整薬 双極性障害をどうコントロールするか?.最新精神医学 ; 22(6):507-516,2017
  6. 加藤正樹 ; 【多様化する双極性障害への治療アプローチ】最新のガイドラインから、もう一度、薬物療法を考えてみる.精神科 ; 30(4):263-270,2017
  7. 木下 利彦 ; 【著名人と精神疾患】 アルブレヒト・デュラーの病跡.精神科 ; 31(2):165-169,2017
  8. 木下 利彦 ; 統合失調症の診断と治療の変遷.熊精協会誌 ; 170:4-17,2017
  9. 北元 健, 加藤 正樹, 山田 妃沙子, 池田 俊一郎, 和田 大樹, 早川 航一, 齊藤 福樹, 中森 靖, 木下 利彦 ; 自殺未遂患者における衝動性と精神的・社会的背景の関連について. 総合病院精神医学 ; 29(1):52-59,2017
  10. 北元 健, 中森 靖, 和田 大樹, 山田 妃沙子, 北浦 祐一, 早川 航一, 齊藤 福樹, 加藤 正樹, 木下 利彦 ; 【急性期身体合併症医療における精神科と身体科救急との連携】 救命救急センターと精神科病院の連携に対する取り組み ハブアンドスポークモデル. 総合病院精神医学 ; 29(1):24-29,2017
  11. 北元 健, 和田 大樹, 岩村 拡, 早川 航一, 齊藤 福樹, 中森 靖, 木下 利彦 ; バルプロ酸ナトリウム中毒により血小板減少を起こした1症例.臨床精神薬理 ; 20(1):79-82,2017
  12. 北浦 祐一, 吉村 匡史 ; 緩和ケア口伝 現場で広がるコツと御法度(第14巻) 緩和ケアの不眠、せん妄対策! トラゾドンを中心に.緩和ケア ; 27(2):120-121,2017
  13. 西田 圭一郎, 諏訪 梓, 加藤 正樹 ; 【臨床スタッフのための薬のあれこれ】 (第1章)主な疾患でどのように薬が使われているか うつ病の薬物療法.精神科臨床サービス ; 17(4):357-362,2017
  14. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 性機能不全の対応と治療. 日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):485-487,2017
  15. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 物質・医薬品誘発性性機能不全.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):482-484,2017
  16. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 早漏.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):478-481,2017
  17. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 女性オルガズム障害.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):475-477,2017
  18. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 勃起障害.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):470-474,2017
  19. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 射精遅延.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):467-469,2017
  20. 織田 裕行, 木下 利彦 ; 【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 性機能不全群 性機能不全群概論.日本臨床 ; 別冊(精神医学症候群II):463-466,2017
  21. 嶽北佳輝, 木下利彦 ; アセナピンの臨床試験の結果について.精神科 ; 30(1):48-54,2017
  22. 吉村 匡史, 北浦 祐一, 池田 俊一郎, 桂 功士, 三井 浩, 嶽北 佳輝, 西田 圭一郎, 木下 利彦 ; 【てんかんと臨床検査】 知っておきたいてんかんの治療 薬物療法・薬物血中濃度モニタリング.Medical Technology ; 45(6):577-582,2017
  23. 和田大樹, 北元健, 早川航一, 中森靖 ; 【本気の精神科救急-ブレイクスルーとなるか】 精神科救急における多科・多機関・多職種連携の取り組み ハブアンドスポークモデル 救急科と精神科の相互連携.救急医学 ; 41(5):525-531,2017

ページTOPへ戻る

著書

  1. 加藤正樹 ; 騎依茲離イドライン診療―診断、管理・治療― 精神・心身医学疾患 44.うつ病.今日の診療のために ガイドライン外来診療2017 ; 357-365 日経メディカル開発,2017
  2. 木下利彦, 吉村匡史, 西田圭一郎 ; 第7章 多誘導周波数解析と時間―周波数解析.脳電場ニューロイメージング ; 103-118 西村書店,2017
  3. 尾久記, 平田幸一, 木下利彦 ; 脳電場ニューロイメージング ; 西村書店,2017

ページTOPへ戻る

2016年

原著論文/症例報告

  1. Fujino H, Sumiyoshi C, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Fukunaga M, Miura K, Takebayashi Y, Okada N, Isomura S, Kawano N, Toyomaki A, Kuga H, Isobe M, Oya K, Okahisa Y, Takaki M, Hashimoto N, Kato M, Onitsuka T, Ueno T, Ohnuma T, Kasai K, Ozaki N, Sumiyoshi T, Imura O, Hashimoto R, for COCORO ; Estimated cognitive decline in patients with schizophrenia: a multi-center study. Psychiatry and clinical neurosciences ; Oct 31.[Epub ahead of print],2016
  2. Grieder M, Koenig T, Kinoshita T, Utsunomiya K, Wahlund LO, Dierks T, Nishida K ; Discovering EEG resting state alterations of semantic dementia. Clinical neurophysiology ; 127(5):2175-2181,2016
  3. Hata M, Kazui H, Tanaka T, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui RD, Aoki Y, Ikeda S, Kanemoto H, Yoshiyama K, Iwase M, Takeda M ; Functional connectivity assessed by resting state EEG correlates with cognitive decline of Alzheimer's disease - An eLORETA study. Clinical neurophysiology ; 127(2):1269-1278,2016
  4. Hata M, Tanaka T, Kazui H, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui RD, Aoki Y, Ikeda S, Sato S, Suzuki Y, Kanemoto H, Yoshiyama K, Iwase M ; Cerebrospinal Fluid Biomarkers of Alzheimer's Disease Correlate With Electroencephalography Parameters Assessed by Exact Low-Resolution Electromagnetic Tomography (eLORETA). Clinical EEG and neuroscience ; Aug 11[Epub ahead of print],2016
  5. Kinoshita T, Bai YM, Kim JH, Miyake M, Oshima N ; Efficacy and safety of asenapine in Asian patients with an acute exacerbation of schizophrenia: a multicentre, randomized, double-blind, 6-week, placebo-controlled study. Psychopharmacology ; 233(14):2663-2674,2016
  6. Kitamoto T, Kamijo Y; Rabbit syndrome after taking herbicide containing 4-chloro2-methylphenoxypropionic acid (MCPP). Acute medicine and surgery;3(2):190-191,2016
  7. Kitamoto T, Tsuda M, Kato M, Saito F, Kamijo Y, Kinosita T; Risk factors for the delayed onset of neuropsychologic sequelae following carbon monoxide poisoning. Acute medicine and surgery;3(4): 315?319,2016
  8. Koshikawa Y, Takekita Y, Kato M, Sakai S, Onohara A, Sunada N, Nishida K, Yoshimura M, Fabbri C, Serretti A, Kinoshita T ; The comparative effects of risperidone long-acting injection and paliperidone palmitate on social functioning in schizophrenia: A 6-month, open-label, randomized controlled pilot trial. Neuropsychobiology ; 73(1):35-42,2016
  9. Milz P, Faber PL, Lehmann D, Koenig T, Kochi K, Pascual-Marqui RD ; The functional significance of EEG microstates--Associations with modalities of thinking. Neuroimage ; 125:643-656,2016
  10. Milz P, Pascual-Marqui RD, Lehmann D, Faber PL ; Modalities of thinking: state and trait effects on cross-frequency functional independent brain networks. Brain topography ; 29(3):477-490,2016
  11. Nonen S, Kato M, Takekita Y, Wakeno M, Sakai S, Serretti A, Kinoshita T ; Polymorphism of rs3813034 in Serotonin Transporter Gene SLC6A4 Is Associated With the Selective Serotonin and Serotonin-Norepinephrine Reuptake Inhibitor Response in Depressive Disorder: Sequencing Analysis of SLC6A4.J Clin Psychopharmacol ; 36(1):27-31,2016
  12. Pascual-Marqui RD, Faber P, Kinoshita T, Kitaura Y, Kochi K, Milz P, Nishida K, Yoshimura M ; The dual frequency RV-coupling coefficient: a novel measure for quantifying cross-frequency information transactions in the brain. arXiv;1603.05343
  13. Sumiyoshi T, Nishida K, Niimura H, Toyomaki A, Morimoto T, Tani M, Inada K, Ninomiya T, Hori H, Manabe J, Katsuki A, Kubo T, Koshikawa Y, Shirahama M, Kohno K, Kinoshita K, Kusumi I, Iwanami A, Ueno T, Kishimoto T, Terao T, Nakagome K ; Cognitive insight and functional outcome in schizophrenia; a multi-center collaborative study with the specific level of functioning scale?Japanese version. Schizophrenia Research.Cognition; 6:9-14,2016
  14. Takekita Y, Koshikawa Y, Fabbri C, Sakai S, Sunada N, Onohara A, Nishida K, Yoshimura M, Kato M, Serretti A, Kinoshita T ; Cognitive function and risperidone long-acting injection vs. paliperidone palmitate in schizophrenia: a 6-month, open-label, randomized, pilot trial. BMC psychiatry ; 16:172,2016
  15. Takekita Y, Serretti A ; Is long-acting injectable aripiprazole useful for the treatment of acute exacerbation of schizophrenia? Evidence-based mental health ; 19(4):e25,2016
  16. Takekita Y, Suwa T, Sunada N, Kawashima H, Fabbri C, Kato M, Tajika A, Kinoshita T, Furukawa TA, Serretti A ; Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. European archives of psychiatry and clinical neuroscience ; 266(8):703-717,2016
  17. Takekita Y, Fabbri C, Kato M, Koshikawa Y, Tajika A, Kinoshita T, Serretti A ; HTR1A Polymorphisms and Clinical Efficacy of Antipsychotic Drug Treatment in Schizophrenia: A Meta-Analysis. International Journal of Neuropsychopharmacology ; 19(5): pyv125,2016
  18. 木下 利彦, 温 恵子, 田村 文宏, 笹川 裕次 ; 残遺型、多剤併用、多量投与、治療抵抗性又は高齢の統合失調症患者を対象にasenapine舌下錠を52週間投与した場合の安全性及び有効性を検討する第III相試験(P06238試験).臨床精神薬理 ; 19(6):771-787,2016
  19. 木下 利彦, 和久 真弓, 田村 文宏, 岩間 康弘 ; 統合失調症患者を対象にasenapine舌下錠を52週間投与した場合の安全性及び有効性を検討する第III相延長投与試験(P06125試験).臨床精神薬理 ; 19(6):753-770,2016
  20. 木下 利彦,安田 守良,山村 佳代,板東 孝介,福田 泰彦 ; 双極性障害の躁症状患者に対するaripiprazoleの有効性・安全性についての検討―特定使用成績調査の解析結果―.臨床精神薬理 ; 19(10):1493-1504,2016
  21. 北元 健, 上條 吉人, 加藤 正樹 ; ベゲタミン過量服用の危険性について 向精神薬中毒患者に関する自験例271例の比較検討.精神科治療学 ; 31(3):387-390,2016
  22. 北元 健, 中森靖, 早川航一, 齊藤福樹, 木下利彦 ; フェニトインおよびレベチラセタムを常用していたが、フェニトインの大量服用による急性中毒の経過中に痙攣発作を認めた1例. 中毒研究 ; 29(4):360-362,2016
  23. 許 全利, 嶽北 佳輝, 越川 陽介, 坂井 志帆, 加藤 正樹, 木下 利彦 ; 大学病院外来における統合失調症および統合失調感情障害患者に対するrisperidone持効性注射製剤の使用状況と継続率に関与する因子.最新精神医学 ; 21(5):383-390,2016

ページTOPへ戻る

総説・解説

  1. 池田 俊一郎, 木下 利彦 ; 【成人の統合失調症】 統合失調症治療における持続性注射剤のエビデンスと役割.脳21 ; 19(1):57-62,2016
  2. 加藤正樹 ; うつ病の「オーダーメイド治療」は、どこまできているのか? 精神神経学雑誌 ; 118(8):315-624,2016
  3. 加藤正樹 ; 【抗うつ薬の適切な使用法をもう一度考えてみる】 日本人うつ病患者における抗うつ薬の反応予測と使い分け.精神神経学雑誌 ; 118(3):139-146,2016
  4. 木下利彦, 吉村匡史, 西田圭一郎, 北浦祐一, 池田俊一郎 ; 定量薬物脳波学 update.神経内科 ; 85(4):377-382,2016
  5. 北元 健 ; 解毒薬 炭酸水素ナトリウム.中毒研究 ; 29(1):41-44,2016
  6. 北元 健 ; 精神科通院患者の過量服薬・リストカットへの対応. 精神科治療学 ; 31(11): 1427-31, 2016
  7. 許 全利,砂田尚孝,嶽北 佳輝, 加藤 正樹, 木下 利彦 ; 【ベンラファキシンの基礎と臨床】ベンラファキシンの国内臨床試験について.精神科 ; 29(2):121-126,2016
  8. 西田 圭一郎, 吉村 匡史, 三井 浩, 北浦 祐一, 池田 俊一郎, 越川 陽介, 斧原 藍, 上田 紗津貴, 石井 良平, 木下 利彦 ; うつ病におけるtDCS(経頭蓋直流電気刺激)の効果.最新精神医学 ; 21(2):111-116,2016
  9. 織田 裕行 ; 心因性ED.臨床泌尿器科 ; 70(13):1023-1027,2016
  10. 砂田尚孝, 加藤正樹 ; SNRIの新たな可能性 社会機能の改善を見据えたうつ病治療.臨床精神薬理 ; 19(4):443-449,2016
  11. 砂田 尚孝,許 全利,加藤正樹 ; ベンラファキシン.最新精神医学 ; 21(5):367-374,2016
  12. 諏訪 梓, 西田 圭一郎,木下 利彦 ; 【統合失調症】統合失調症の診断.医学と薬学 ; 73(10):1233-1238,2016
  13. 嶽北佳輝, 加藤正樹 ; 統合失調症の各ステージにおける薬物治療戦略!抗精神病薬の選び方と使い方のポイント 慢性期・維持期統合失調症.薬局 ; 67(12): 3216-3225, 2016
  14. 嶽北佳輝, 木下利彦 ; アセナピン(シクレスト).最新精神医学 ; 21(6)475-481,2016
  15. 嶽北佳輝 ; 電気けいれん療法における発作を妨げない麻酔手法.精神科治療学 ; 31(12):1543-1549,2016
  16. 吉村 匡史, 西田 圭一郎, 嶽北 佳輝, 木下 利彦 ; 【認知症と類縁疾患-最新の研究動向-】類縁疾患と鑑別診断 血管性認知症.日本臨牀 ; 74(3):489-494,2016

ページTOPへ戻る

著書

  1. 加藤正樹,堀輝,伊賀淳一,田近亜蘭 ; 第2章 再発・再燃時.統合失調症薬物治療ガイドライン ; 21-37 医学書院,2016
  2. 加藤正樹 ; 騎依茲離イドライン診療 −診断、管理・治療− 精神・心身医学疾患 44うつ病.ガイドライン外来診療 2016 ; 349-357 日経メディカル開発,2016
  3. 木下利彦, 吉村匡史, 西田圭一郎, 北浦祐一, 三井 浩, 池田俊一郎 ; 薬物脳波.ここが知りたい!臨床神経生理 ; 69-71 中外医学社,2016
  4. 北元 健 ; アセトアミノフェン中毒、アスピリン中毒.今日の治療指針; 医学書院, 2016
  5. 織田裕行, 山田妃沙子, 吉野真紀 ; 第8章D ジェンダーと精神保健福祉.系統看護学講座,別巻 精神保健福祉(第3版) ; 279‐288 医学書院,2016
  6. 織田裕行; 第5章 診断とその経過 性機能不全群・性別違和. 公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法 ; 98 医学書院,2016
  7. 高野 隼 ; Q13 デイケアの1日の流れを教えてください.新・精神科デイケアQ&A ; 80-83 中央法規,2016
  8. 嶽北佳輝 ; 第4章 治療抵抗性 CQ4-4 クロザピンを使用しない場合、治療抵抗性統合失調症に対して修正型電気けいれん療法(m-ECT)は有用か? 統合失調症薬物治療ガイドライン ; 84-87 医学書院,2016

ページTOPへ戻る